METAL CHURCH メタル・チャーチ / Congregation Of Annihilation〜殲滅のメタル集会 (CD)

型番 RBNCD-1378
販売価格 2,500円(税込2,750円)
購入数

アメリカン・パワー&スラッシュメタルの元祖、メタル・チャーチが2人のシンガーの死を乗り越え新作を発表!

1980年結成以来、解散を挟みながらも30年以上に渡ってアメリカン・ヘヴィメタルの真の王者を守り続けるメタル・チャーチから13作目となるニューアルバムがリリース!

中心人物・カート・ヴァンダーフーフ(g)による、スラッシュ・メタルの先駆けともなったダークなリフで独自のパワーメタルサウンドを確立、1984年リリースの1stはメタリカのラーズなど後続達にも大きな影響を与えた。デヴィッド・ウェイン〜マイク・ハウという稀代のシンガーを輩出し人気を博したものの1994年に一旦活動を停止、その後、カートは活動を再開させ、今回来日する現ヴィシャス・ルーマーズのロニー・マンローなどシンガーの交代を挟み、2015年には20年振りにマイク・ハウが奇跡の復帰を果たして2018年までに2枚のアルバムをリリースし再来日も果たした。2020年にはルビコン・ミュージックより『From The Vault〜メタル金庫室〜』をリリースして再び、黄金時代へと突入した矢先、マイク・ハウが急死、バンドは大きな痛手を受けたがカートはバンドの存続に尽力し、2023年、元マノウォーのロス・ザ・ボスのバンドのシンガーでもあったマーク・ロペスが新たに加入し待望のニューアルバム『Congregation of Annihilation』を制作しここに最高傑作が完成した!

注目のマーク・ロペスはデヴィッドとマイクを継承する素晴らしい歌唱を披露!アルバムの楽曲もまさにメタル・チャーチと呼べる、往年のファンも溜飲を下げる素晴らしい出来となった。現在のバンドはカート、マーク、そして共に2012年からカートを支えるリック・ヴァン・ザント(g)とスティーヴ・アンガー(b)、そして90年代からのW.A.S.P.のメンバーとして高い知名度を誇り、2017年からバンドに在籍するステット・ハウランド(dr)という素晴らしい布陣!日本盤には海外ボーナスに加え、日本盤ボーナス・トラックも収録!

ライナー:歌詞・対訳付き  カート・ヴァンダーフーフ インタビュー掲載!

Tracklist
1.Another Judgement Day 3:38 アナザー・ジャッジメント・デイ
2.Congregation Of Annihilation 4:25 コングレゲイション・オブ・アナイアレイション
3.Pick a God And Prey 4:39 ピック・ア・ゴッド・アンド・プレイ
4.Children of the Lie 5:48 チルドレン・オブ・ザ・ライ
5.Me the Nothing 5:34 ミー・ザ・ナッシング
6.Making Monsters 5:30 メイキング・モンスターズ
7.Say A Prayer With 7 Bullets 3:36 セイ・ア・プレイアー・ウイズ・7バレッツ
8.These Violent Thrills 3:46 ジーズ・ヴァイオレント・スリルズ
9.All That We Destroy 4:12 オール・ザット・ウィ・デストロイ
10.My Favorite Sin (Bonus Track) 4:25 マイ・フェイヴァリット・シン
11.The Dreams (That Don't Come True)* ザ・ドリームス(ザット・ドント・カム・トゥルー)

*Bonus Track For Japan

Lineup
Kurdt Vanderhoof カート・ヴァンダーフーフ :Guitars
Steve Unger スティーヴ・アンガー:Bass
Rick Van Zandt リック・ヴァン・ザント:Guitars
Stet Howland ステット・ハウランド:Drums
Marc Lopes マーク・ロペス:Vocals


【CD】【2023/07/26】

最近チェックした商品

Mobile