Vandenberg ヴァンデンバーグ / Sin シン (CD)

型番 GQCS-91340
販売価格 2,800円(税込3,080円)
購入数

ホワイトスネイク等での活躍で知られるオランダのギター・ヒーロー、ヴァンデンバーグが3年ぶりのニュー・アルバムをリリース!マッツ・レヴィン(イングヴェイ・マルムスティーン、トランス・シベリアン・オーケストラ)をニュー・ヴォーカリストに迎え、哀愁たっぷりのヨーロピアン・ハード・ロックを聴かせる!

【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

もはや説明不要、オランダを代表するギター・ヒーロー、エイドリアン・ヴァンデンバーグ。1982年のデビュー・アルバム『Vandenberg』、続く『Heading For A Storm』(83年)、『Alibi』(85年)といったアルバムは、当時を知るものには衝撃以外の何物でもなかった。その後、彼はあのホワイトスネイクに加入。当時世界的に大ヒットしていた『白蛇の紋章』(87年)に伴うワールド・ツアーに参加することで、その名はロックの歴史に刻まれたと言える。これ以降、その音楽活動は散発的になっていったが、2020年、何と35年ぶりにヴァンデンバーグ名義でのアルバム『2020』をリリース。世界中のハードロック・ファンを驚愕させたことも記憶に新しい。

そんなヴァンデンバーグが3年ぶりのニュー・アルバムをリリースする。『シン』と題された本作。「音楽は絵画のようなもの。光があって影がある。机に飛び乗って大騒ぎしたくなる曲もあれば、じっくりと考えさせるものもある」というエイドリアンの言葉通り、実にバラエティに富んだハードロックが展開されている。ヴォーカルは前作のロニー・ロメロ(レインボー、マイケル・シェンカー・グループ、ディスティニア等)から、マッツ・レヴィン(イングヴェイ・マルムスティーン、トランス・シベリアン・オーケストラ等)に交代。エイドリアンは本作について、「『2020』よりも一段階ヘヴィな仕上がり」とコメントしているが、これにはマッツの翳りを帯びた声質も関係しているだろう。ベースのランディ・ファン・デル・エルセン(タンク)、ドラムのクーン・ヘルフスト(エピカ)は前作に引き続きの参加。バンドとしてのまとまりも、前作を凌ぐものになっている。ヨーロッパ特有の哀愁を持ったハード・ロック。これぞヴァンデンバーグと言える傑作。全ハード・ロック・ファン必聴の作品。

プロデューサーを担当したのは、前作同様巨匠ボブ・マーレット(ブラック・サバス、アリス・クーパー、ロブ・ゾンビ)。

【メンバー】
エイドリアン・ ヴァンデンバーグ (ギター)
マッツ・レヴィン (ヴォーカル)
ランディ・ファン・デル・エルセン (ベース)
コーエン・ヘルフスト (ドラムス)

【CD収録曲】
01. サンダー・アンド・ライトニング
02. ハウス・オン・ファイア
03. シン
04. ライト・イット・アップ
05. ウォーキング・オン・ウォーター
06. バーニング・スカイズ
07. ヒット・ザ・グラウンド・ランニング
08. ベイビー・ユーヴ・チェンジド
09. アウト・オブ・ザ・シャドウ

【CD】【2023/08/25】

最近チェックした商品

Mobile