The Unknown ジ・アンノウン / イーヴァイル Evile (CD)

型番 GQCS-91337
販売価格 2,600円(税込2,860円)
購入数

00年代後半のスラッシュ・メタル復権に大きな貢献をしたイギリスのイーヴァイルが、ニュー・アルバムをリリース!スピードよりもヘヴィネス、ダークさを重視した本作は、伝統芸と化したスラッシュ・シーンへの挑戦状。

【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

00年の後半、スラッシュ・メタルのリヴァイヴァルが起こった。いわゆるニュー・ウェイヴ・オブ・スラッシュ・メタルのムーヴメントである。その中で、ガマ・ボム、ウォーブリンガー、ボンディッド・バイ・ブラッドらとともに中心的役割を果たしたのが、イギリスのイーヴァイルである。

結成は99年。元々はメタル・ミリシアという名で、メタリカのカバーを中心にプレイしていた彼ら。04年に現在のイーヴァイルへと改名し制作したデモが、イギリスの大手レーベル、イヤーエイク・レコードの目にとまる。07年には『Enter the Grave』でアルバム・デビュー。イヤーレイクは、前述のニュー・ウェイヴ・オブ・スラッシュ・メタル・ムーヴメントのホームとなっていたこともあり、イーヴァイルはガマ・ボムやミュニシパル・ウェイストらと共に、スラッシュ・メタル界期待の新星として、多くの注目を集めることとなった。09年にはセカンド・アルバム『Infected Nations』をリリース。しかし、同年ヨーロッパ・ツアー中に、ベーシストのマイク・アレクサンダーがわずか32歳の若さで急逝するという悲劇に見舞われる。マイクの遺志をついだバンドは続行を決意。さらに『Five Serpent's Teeth』(11年)、『Skull』(13年)と2枚のアルバムをリリース。だがその後、ギターのオル・ドレイクが脱退するなどあり、バンドはしばらく沈黙を守ることになる。

18年に入るとオルが復帰。そしてオーストリアの大手、ナパーム・レコードと契約を交わしたイーヴァルは21年、8年ぶりとなる5thアルバム『ヘル・アンリーシュド』をリリース。彼らの復活を待ち望んでいたファンを狂喜乱舞させた。この度、そんな彼らが6枚目のアルバムをリリースする。

『ジ・アンノウン』と題された本作は、バンド史上最高速となった前作から一転、非常に作り込まれたダークすぎる作品になっている。スピードよりもヘヴィネスを重視。メロディックだが陰鬱なヴォーカル。それに呼応するように歌詞の内容も、鬱、喪失感、繰り返す悪夢など、非常に重い内容になっており、バンドが新境地を開拓しようとしていることは明らかだ。もともとメタリカのコピー・バンドとしてスタートした彼ら。『ジ・アンノウン』には80年代終わり〜90年代のメタリカの香りも強く漂う。「スラッシュ・メタルは速くなくてはならないなんて誰が決めた」と言わんばかりの、すっかり伝統芸と化したシーンへの挑戦状とも言える本作。一方でこの重さ、この暗さは、ヘヴィメタルの本質をズバリ突いたものであることも間違いない。特に中期メタリカのファンは必聴の作品だ。

【メンバー】
オル・ドレイク (ヴォーカル / リードギター)
アダム・スミス (リズムギター)
ジョエル・グラハム (ベース)
ベン・カーター (ドラムス)

【CD収録曲】
01. ジ・アンノウン
02. ザ・マスク・ウィ・ウェア
03. モノリス
04. ホエン・モータル・コイルズ・シェド
05. スリープレス・アイズ
06. アウト・オブ・サイト
07. アット・ミラーズ・スピーチ
08. リープ・ホワット・ユー・ソウ
09. ビギニング・オブ・ジ・エンド
10. バランス・オブ・タイム

【CD】【2023/07/14】

最近チェックした商品

Mobile