へトローツェン / フォスフォロス Vol I

型番 GQCS-91263
販売価格 2,600円(税込2,860円)
在庫数 品切中(再入荷お問合せ

SOLD OUT
チリ出身、現在スウェーデンで活躍中のブラック・メタル・バンドHetroertzenがニュー・アルバムをリリース。南米らしいブルータリティと北欧らしい洗練を止揚した、とにかくオカルティックなブラック・メタルを聴かせる!

スウェーデンのブラック・メタル・バンド、Hetroertzen。その結成は97年にまでさかのぼる。もともとはチリに住んでいたFrater DがHhahdaというプロジェクトを始動。その後現在のHetroertzenへ改名し、02年に『Flying Across the Misty Gardens』でアルバム・デビューを果たす。さらに『A Crimson Terrible Vison』(03年)、『Rex Averno』(05年)と2枚のアルバムをリリース後、Frater Dはスウェーデンへと移住。『Exaltation of Wisdom』(10年)、『Ain Soph Aur』(14年)をリリース後、フランスのリッスナブル・レコードと契約。17年には6枚目となるアルバム『Uprising of the Fallen』をリリースした。

この度そんな彼らが5年ぶりとなるニュー・アルバムをリリースする。『フォスフォロス Vol I』と題された本作でも、主にグノーシスをテーマとした非常にオカルティックなブラック・メタルを聴かせる。チリ出身のスウェーデンのバンドである彼らの売りは、南米らしいブルータリティと北欧らしい洗練の止揚。「新たな日がやって来た。暗闇と混沌のヴェールを新たなる光線が貫く」というFrater Dの謎めいた発言通りの、非常にオカルティックな作品。ブラック・メタル・ファンなら必聴!

【CD】【2022/12/16】

最近チェックした商品

Mobile