クリーンブレイク / カミング・ホーム

型番 GQCS-91209
販売価格 2,600円(税込2,860円)
購入数

トラディショナル・アメリカン・ヘヴィメタルへのオマージュをテーマとした新バンド、クリーンブレイクがアルバム・デビュー!クワイエット・ライオットのヴォーカリストも務めたジェームズ・ダービンをライオットとストライパーのメンバーが完全バックアップ。強烈に80年代への郷愁を呼び覚ます!

みなさんはジェームズ・ダービンをご存知だろうか。カリフォルニアはサンタクルーズ出身のシンガーである彼は、オーディション番組、アメリカン・アイドルでジューダス・プリーストの楽曲を熱唱し、世間の度肝を抜いた。さらに17年〜19年には、クワイエット・ライオットのヴォーカリストを務めていたので、そこで彼の名を知ったハードロック/メタル・ファンもいることだろう。21年にはダービンの名で、『The Beast Awakens』という、ピュア・ヘヴィメタルな作品を発表したことも記憶に新しい。

この度、そんなジェームズ率いるクリーンブレイクが、デビュー・アルバムをリリースする。『カミング・ホーム』と題された本作であるが、参加メンバーが実にゴージャス。ギターはライオットのマイク・フリンツ。ベースはストライパーのペリー・リチャードソン。ドラムも同じくストライパーのロバート・スウィート。クリーンブレイクのテーマは「ライオットやフィフス・エンジェルのような伝統的アメリカン・ヘヴィメタルへのオマージュ」だと言うのだから、これこそ最強の布陣である。ジェームズのヴォーカリストとしての実力については言うまでもないが、「これぞアメリカン・ヘヴィメタル!」と思わせるその歌声には、80年代への郷愁を呼び覚ますパワーが宿っている。80年代のメタル・ファンは必聴のアルバムだ!

・日本語解説書封入/歌詞対訳付き/日本盤限定ボーナストラック収録

【メンバー】
ジェームズ・ダービン(ヴォーカル)
マイク・フリンツ(ギター)
ペリー・リチャードソン(ベース)
ロバート・スウィート(ドラムス)

【CD】【2022/7/8】

最近チェックした商品

Mobile