マイケル・シェンカー・グループ / ユニヴァーサル

型番 GQCS-91192
販売価格 2,700円(税込2,970円)
購入数

永遠のギター・ヒーロー、マイケル・シェンカーがニュー・アルバムをリリース!ゲイリー・バーデン、マイケル・キスク、ラルフ・シーパースら豪華ゲストが参加。ボビー・ロンディネリ、ボブ・デイズリー、トニー・カレイら元レインボー勢が参加したロニー・ジェイムズ・ディオへのトリビュート曲は必聴!

ドイツが産んだ永遠のギター・ヒーロー、マイケル・シェンカーが、ニュー・アルバムをリリースする!今回も、前作『イモータル』(21 年)に引き続き、マイケル・シェンカー・グループ名義。マイケル・シェンカー・フェスト以降のアルバムでは、⼀体どんなミュージシャンが参加しているかが⼀つの⽬⽟になっているが、『ユニヴァーサル』と題された今回の作品では、輪をかけてゴージャスなラインナップがフィーチャされている。

メインのヴォーカルを務めるのは、レインボーにヴァンデンバーグ、ディスティニアと、現在ヘヴィメタル界で最も引っ張りだこのシンガー、ロニー・ロメロ。さらにMSG と⾔えばこの⼈、ゲイリー・バーデンも、アルバムに花を添えている。これだけでも⼗分豪華だが、さらにハロウィンのマイケル・キスク、プライマル・フィアのラルフ・シーパースまでもが参加しているというのだから、ゴージャスこの上ない。さらにドラムにはサイモン・フィリップス、ブライアン・ティッシー、ボビー・ロンディネリ、ボド・ショプフ、ベースにはボブ・デイズリー、バリー・スパークス、バレンド・クルボワ、キーボードにスティーヴ・マンが参加と、さながらオールスター・バンドの様相だ。

もちろん今回もマイケルらしい名曲が詰まった本作であるが、中でも注⽬すべきは、「コーリング・バール/ア・キング・ハズ・ゴーン」。この曲は、マイケルによるレインボー・トリビュート。特に『Rising』(76年)でのロニー・ジェイムズ・ディオのパフォーマンスに捧げているというこの曲では、マイケル・キスクがヴォーカルを担当。さらにボビー・ロンディネリ、ボブ・デイズリーという元レインボー勢が、ガッチリとリズム隊を務める。また、「Tarot Woman」(『Rising』収録)へのオマージュだというイントロ、「コーリング・バール」でモーグ・シンセを操るのは、『Rising』でプレイしていたトニー・カレイその⼈だと⾔うのだから、このトリビュートの本気ぶりがうかがえる。とまあ、HR/HM ファンがワクワクする要素がすべて詰まったような本作。これを聴かない理由を⾒つける⽅が難しいような内容だ。2年連続でマイケル・シェンカーの新譜を聴けるなんて、HR/HMファン冥利に尽きるというもの。

【メンバー】
マイケル・シェンカー (ギター)
ロニー・ロメロ (ヴォーカル) [レインボー、ヴァンデンバーグ、DESTINIA]
マイケル・フォス (ヴォーカル)
ゲイリー・バーデン (ヴォーカル)
マイケル・キスク (ヴォーカル) [ハロウィン]
ラルフ・シーパース (ヴォーカル) [プライマル・フィア]
バリー・スパークス (ベース/キーボード)
ボブ・デイズリー (ベース) [レインボー、ゲイリー・ムーア、オジー・オズボーン]
バレンド・クルボワ (ベース) [ブラインド・ガーディアン]
サイモン・フィリップス (ドラムス) [TOTO、ザ・フー、ジェフ・ベック]
ボド・ショプフ (ドラムス)
ボビー・ロンディネリ (ドラムス) [レインボー、ブラック・サバス、クワイエット・ライオット、ブルー・オイスター・カルト]
ブライアン・ティッシー (ドラムス) [ホワイトスネイク、フォリナー]
スティーヴ・マン (キーボード)
トニー・カレイ(キーボード) [レインボー]

【CD】【2022/5/27】

最近チェックした商品

Mobile