オムニアム・ギャザラム / オリジン

型番 SICP-6428
販売価格 2,400円(税込2,640円)
購入数

キャリア25年を誇るフィンランドのメロディック・デスメタルの代表格、オムニアム・ギャザラムの9thアルバム『オリジン』の日本盤が12月22日(水)に発売されることが決定した。2018年の前作『バーニング・コールド』からセンチュリー・メディア/ソニーミュージックに移籍、本作が移籍第2弾作品となる。

フィンランドの美しい大自然の中で呻くような激情が吐き出される叙情性は一段と磨かれ、同時に抜群のポップ・センスを併せ持つマルコス・ヴァンハラ(G)のソングライター/プロデューサーとしての才能を改めて感じさせる、これまでで最もメロディアスで快活なアルバムとなった。男気溢れるユッカ・ペルコネン(Vo)のグロウルはそのままに、流麗なギター・フレーズと雄大なコーラス・ワークを随所に効かせたアレンジで、デスメタル・カテゴリーに入るバンドとは思えぬほどの清々しいサウンドに仕上がっている。本作のミックスは、彼らの作品では初となるスウェーデンのヘヴィ・メタル・エンジニアの第一人者として知られるイェンス・ボグレン(Opeth, Symphony X, Arch Enemy, Dark Tranquillity, Babymetal etc.)が手掛けており、サウンド・クオリティも一級品だ。まさに、彼らのオリジナル・スタイル“AORDM”(=Adult Oriented Death Metal)が最高潮に達した作品と言える。

日本盤にはインフェクテッド・マッシュルームのカヴァー「イン・フロント・オブ・ミー」と2019年のシングル「ケイオスペース」の2曲がボーナス・トラックとして収録される。

【CD】【2021/12/22】

最近チェックした商品

Mobile