ベヒーモス / イン・アブセンティア・デイ 〜神の居ぬ間に〜 (2CD)

型番 VICP-65575/6
販売価格 3,500円(税込3,850円)
在庫数 品切中(再入荷お問合せ

SOLD OUT
ネルガル(vo,g)率いる世界的ブラッケンド・デス・メタル・バンドBEHEMOTHが、新型コロナウイルスによるパンデミックに見舞われていた昨年9月5日に配信したライヴストリーム企画『In Absentia Dei』をCD化。

■教会の中でブラック・メタルのライヴ
反キリスト教を掲げるブラック・メタル・バンドであるBEHEMOTHが、このライヴを祖国ポーランドにある崩れかけた名もなき教会で行なった。タイトル『IN ABSENTIA DEI』とはラテン語で、英語に訳すと「In the absence of god」。さらに日本語にすると「神が不在の時に」という意味になる。つまり、「神が不在の間に、教会で邪悪なブラック・メタルのライヴ」ということ。

■完全に演出されたライヴストリーム
会場に教会を選んでいることからも判るとおり、ただ配信ライヴではない。無観客かつライヴストリームであることを最大限に活かし、凝った演出で禍々しさを表現している。フードを被ったメンバーが馬で教会へと向かうオープニングや、所々曲間に挟まるドローンによる闇に浮かぶ教会の全景や儀式のような映像、そして、観客がいたとしたらその頭上の位置に吊るされる人など、通常のライヴでは表現できない演出が盛り込まれている。また、配信ライヴであることから音響のことをほぼ気にせず、会場として教会を使用できる。こういった普通とは異なるアイディアを生み、それを具現化できることからも、BEHEMOTHが世界的なバンドであることが良く判る。

■新旧織り交ぜたセットリスト
2018年の最新アルバム『I LOVED YOU AT YOUR DARKEST』からの曲はもちろん、2020年に発表された最新シングル『A FOREST』(表題曲はTHE CUREのカヴァー)からオリジナルの新曲"Evoe"や、95年の1stアルバム『SVENTEVITH (STORMING NEAR THE BALTIC)』の曲("From The Pagan Vastlands")など、約30年のバンドの活動における新旧の名曲全19曲を収録。


【CD】【2021/12/17】

最近チェックした商品

Mobile