ネスター / キッズ・イン・ア・ゴーストタウン

型番 MICP-11652
販売価格 2,700円(税込2,970円)
在庫数 品切中(再入荷お問合せ

SOLD OUT
突如スウェーデンから現れた、謎のメロディック・ロック・バンド『ネスタ―』の日本デビュー・アルバム! アルバム発売に先駆けて、2021年春ごろ公開された2本のミュージック・ビデオ『On The Run』『1989』が、80年代をモチーフとしたコミカルな内容とは裏腹に、曲のクオリティの高さから、メロディック・ロック・ファンの間で正体不明の謎のバンドとして話題に上がる。また9月にシングル『Tomorrow』を追加公開。バラエティ豊かな曲が書けるバンドとして発売前から高いポテンシャルを見せつけた。 ●現在判明しているバンドの情報はそれほど多くは無く、依然として謎のヴェールに包まれている。しかしこのバンドの歴史は意外と古く、先日公開したビデオのタイトルにある1989年に結成したようだ。しかし思ったほどの成果が出ず、数年後バンドは解散してしまう。その後20年以上の長い沈黙の後、数年前に再結成し、NESTOR FKP名義のEPをリリース。またこの時の音楽性は今とは違い、どちらかというとグランジ色が濃いロックだった。EP発表後もスウェーデンの地元ファルシェーピングを中心に細々とした活動をしているローカル・バンドという位置付けが続いていく。しかし彼らは活動の幅を広げるべく、昨年から大幅なイメージチェンジを図り、80年代をオマージュしたメロディック・ロック・バンドとして再始動する。その先駆けとして公開したのが『On The Run』『1989』、そして『Tomorrow』である。 実はヴォーカルで中心人物のトビアス・ガスタフソンは、過去にSTRAIGHT FRANK、ITCHYCOOといったスウェーデンのバンドで活動する傍ら、2009年にソングライターとしてスウェーデンのボーイズ・グループE.M.D.に提供した曲『Jennie Let Me Love You』という曲で、スウェーデン版のグラミー賞を獲得した経歴を持つ実力派ソングライターであることが判明している。また、日本のシンガーMiz(渡邊瑞枝)にも一時期曲を提供していた。本アルバムの作詞作曲はそのトビアスとギターのジョニーが主に担当している。

最近チェックした商品

Mobile