シニック / アセンションコーズ

型番 DYMC-6049
販売価格 2,700円(税込2,970円)
購入数

プログレッシヴ・メタルの象徴!
悲劇を乗り越えスピリチュアルに昇華された最新作!

CYNICは最初期よりプログレッシヴ・メタルの象徴と捉えられてきたバンドのひとつ。1987年にスラッシュ・メタル・バンドとして始動、よりデス・メタルへと傾倒していきながら高度な演奏力と作曲センスを活かし、ジャズ/フュージョン的なアプローチも取り入れて自身のスタイルを確立。1stアルバム『Focus』(1993)はプログレッシヴ・メタルのひとつの金字塔として評価を決定的なものとする。解散/再結成、度重なるメンバー・チェンジを経ながら計3枚のスタジオ・アルバムを発表、近年はよりプログレッシヴ・ロックへ傾倒しつつ、ポスト・ロック的アプローチも取り入れた作風で威厳を見せていた。

コロナ禍に見舞われた2020年は全人類にとって困難な年だったが、CYNIC及び首謀者Paul Masvidal(G/Vo)にとってとりわけ厳しい年になってしまった。結成から2015年にバンドを離脱するまで屋台骨を支えた超絶ドラマーSean Reinertが1月に、『Focus』以降長きに渡って貢献したSean Maloneが12月に相次いで急逝。残されたPaulのみならずファンやメタル・シーンは大きな衝撃を受けたのだ。

最新作となる本作は、Paulを中心に2015年以降活動を共にするMatt Lynch(Ds)、そしてDave Mackay(B/Key)の3人で制作。メタル的な意匠を残しつつスペイシーなヴォーカル・ワークも健在だが、よりプログレッシヴ・ロック的方向性が顕著になっている。スピリチュアルな感触を持った浮遊感のあるサウンド・アプローチが耳を奪う。

9曲のメイン楽曲とインタールード9曲が交互に演奏される構成は、亡き2人を弔い文字通り’ascension(昇天)’を神秘的にイメージさせる。

【CD】【2021/12/1】

最近チェックした商品

Mobile