ロス・ジェニングス / ア・シャドウ・オブ・マイ・フューチャー・セルフ

型番 GQCS-91106
販売価格 2,500円(税込2,750円)
購入数

現代プログレ・メタル・シーンを代表するロンドンのヘイケン。バンドの顔であるヴォーカリスト、ロス・ジェニングスが初のソロ・アルバムをリリース!
自身のルーツであるアメリカンAOR、90年代アリーナ・ロックへのオマージュである本作は、憂いに満ちた美しすぎるメロディ満載。日本盤ボーナス・トラック収録。

プログレッシヴ・メタルの救世主として近年大きな注目を浴びているロンドンのヘイケン。10年に『Aquarius』でアルバム・デビュー。プログレの名門、インサイド・アウトと契約しリリースされたサード・アルバム『The Mountain』(13年)で、大きな注目を集めることとなった。その後も『Affinity』(16年)、『Vector』(18年)、『Virus』(20年)とアルバムを重ねるごとに進化。『Virus』はビルボード・ホット100の52位、イギリスのロックチャートで2位にランクインする快挙。ヘヴィメタルをベースに、ピンク・フロイドや90125YES、クラシック、ジャズ/フュージョンなど様々な音楽スタイルを貪欲に取り込んだスタイルで、プログレ・ファンを魅了し続けている。
この度リリースになるのが、そんなヘイケンのヴォーカリスト、ロス・ジェニングスによるソロ・アルバムだ。アメリカのAORや90年代のアリーナ・ロックを好み、U2やColdplay、R.E.M.の大ファンであることを公言しているロス。彼がメタル・シンガーで「ない」ことが、ヘイケンの大きな武器の一つとなってきた一方、ロス自身は自らのルーツであるAORやアリーナ・ロックからインスパイアされたアルバムを作りたいという欲望をずっと持ち続けてきた。そしてついにそれが、『ア・シャドウ・オブ・マイ・フューチャー・セルフ』という初ソロ・アルバムに結実したのである!フィル・コリンズ、ピーター・ガブリエル、デイヴィッド・ギルモア、スティーヴン・ウィルソン。メインストリーム・ポップスへの挑戦は、プログレ・ミュージシャンにとってある意味伝統。オルタナティヴ・ポップスからアリーナ・ロック、インディー・ロック風のバラード、さらには11分超のプログレ大曲に至るまで、実にさまざまなスタイルが聴ける。イギリスらしい憂いに満ちた美しいメロディは、日本人にはたまらないもの。ヘイケンでは聴くことのできないロスの魅力満載の本作。現代のプログレ・メタル・シーンを代表するヴォーカリストの面目躍如たるアルバムだ。

【CD】【2021/11/26】

最近チェックした商品

Mobile