レイジ / レザレクション・デイ

型番 GQCS-91075
販売価格 2,500円(税込2,750円)
購入数

40年近いキャリアを誇るベテラン・ジャーマン・メタル・バンド、レイジ。86年に『Reign of Fear』でアルバム・デビューを果たすと、そのスピーディ、メロディック、パワフルなスタイルは、ここ日本でも大きな話題となっていった。15年にピーター“ピーヴィー"ワグナー(ヴォーカル/ベース)、マルコス・ロドリゲス(ギター)、ヴァシリオス“ラッキー"マニアトプロス(ドラム)というトリオ体制となり、『ザ・デヴィル・ストライクス・アゲイン』(16年)、『シーズンズ・オブ・ザ・ブラック』(17年)、『ウィングス・オブ・レイジ』(20年)と3枚のアルバムをリリースしたが、20年にマルコスが脱退。そしてバンドはジーン・ボーマン、シュテファン・ウェーバーという2人のギタリストを加入させるという選択をする。

99年の『Ghosts』以来、約20年ぶりに4人編成となったレイジが放つニュー・アルバムが、この『レザレクション・デイ』だ。4人編成のレイジと言うと、90年代の名作『Black in Mind』(95年)あたりを思い出す人も多いだろうが、『レザレクション・デイ』はそんな作品に匹敵する素晴らしい内容だ。お馴染みの疾走ナンバーからメロディックなミドルテンポ、バラードに至るまで、これでもかとレイジ節が飛び出す。中でもPepe Herreroの手によるオーケストレーションをフィーチャーした、とにかくドラマチックでゴージャスなナンバーは秀逸。まさにレイジ・ファン、ジャーマン・メタル・ファンが望むものがすべて詰まったアルバムだ。

日本盤ボーナストラック収録。

【CD】【2021/09/17】

最近チェックした商品

Mobile