パワーウルフ / コール・オブ・ザ・ワイルド(2枚組仕様)

型番 GQCS-91057/8
販売価格 3,500円(税込3,850円)
購入数

ドイツのパワーウルフがニュー・アルバムをリリース!

白塗りにオカルティックなイメージと正統派パワーメタルのギャップが強烈なドイツのパワーウルフがニュー・アルバムをリリース。
冒頭から重厚なオーケストラ+クワイヤ+疾走ナンバーと、パワー・メタル・ファン狂喜乱舞間違いなしの傑作だ。
プロデュース、エンジニアリングはイエンス・ボグレンと、エピカ作品でおなじみのヨースト・ファン・デン・ブレークという超強力タッグ。【日本語解説書封入 / 歌詞対訳付き】

白塗りを施した強烈なルックスと、人狼伝説に吸血鬼等、徹底したオカルティックなイメージで大きな人気を誇るドイツのパワー・メタル・バンド、パワーウルフ。05年のデビュー・アルバム『Return in Bloodred』は、いきなり名門メタル・ブレイドからのリリースとなった。ルーマニアの人狼伝説を題材とした完璧なイメージ戦略、そしてそのイメージとは裏腹にサウンドは正統的なパワー・メタルというギャップは大きなインパクトとなり、彼らはあっという間に大きな人気を博していった。その後『Lupus Dei』(07年)、『Bible of the Beast』(09年)、『Blood of the Saints』(11年)とリリースしたところで、オーストリアの大手ナパーム・レコーズと契約。13年に発表された5枚目のアルバム『Preachers of the Night』は、地元ドイツのチャートでNo.1を獲得するヒットを記録。その人気は不動のものとなった。
20年にはキャリアの集大成とも言えるベスト・アルバム『ベスト・オブ・ザ・ブレスト』をリリースしたことも記憶に新しいパワーウルフ。そしてこの度ついに待望のニュー・アルバム『コール・オブ・ザ・ワイルド』がリリースになる。パワーウルフが音楽性を変えるはずもないのだが、それにしても冒頭からいきなり重厚なオーケストラにクワイヤをフィーチャした疾走ナンバーと、ジャーマン・パワー・メタル・ファンであれば狂喜乱舞間違い無しの、ド真ん中すぎる内容。
ヘヴィなナンバーあり民族音楽っぽいメロディあり、そしておなじみの分厚いコーラスにチャーチオルガンと、実にパワーウルフらしいドラマチックな傑作に仕上がっている。サバトンあたりのファンにはドストライクの作品だ。プロデュース、エンジニアリングはイエンス・ボグレンと、エピカ作品でおなじみのヨースト・ファン・デン・ブレークの超強力タッグ。

全曲のオーケストラ・ヴァージョンを収録した『シンフォニー・オブ・ザ・ワイルド』との2枚組仕様!

【CD】【2021/07/16】

最近チェックした商品

Mobile