SIRENT SCREEM / BLACK RAIN

型番 BLRC-00125
販売価格 2,381円(税込2,619円)
購入数

サイレント・スクリーム / ブラック・レイン

ヘヴィ・メタルの旋律、極まる!ツイン・ギターが驫く、戦慄の正統派メタル・サウンド… SEVENTH SONのVo: Yama率いる正統派メタル・バンドSIRENT SCREEMが、トラッドかつスタンダードなサウンドで現代のシーンに名乗りを上げる1stアルバム!
国産プログレッシヴ・メタル・バンド: SEVENTH SONのヴォーカルとして名を馳せるYamaと、ジャパニーズ・パワー・メタルの雄: Mastermindのギタリスト448、後にChurch of Miseryのドラマーとして加入するJunを中心として、2015年に結成。ソングライターにTatsu Mikami(Church Of Misery)を迎え、2016年2月に東日本大震災の復興チャリティー・プロジェクト“Metal bless JAPAN”に楽曲「River」を提供。2017年に古田 健(G.)とJUN(B.)が加入するが、2019年9月音楽性の違いにより、両名が脱退。同年10月にTact(G./ZERO FIGHTER)、Yuki(B./ZERO FIGHTER)を迎え、現行ラインナップとなる。
2019年7月よりNetflixにて全世界独占配信されたアニメ「ケンガンアシュラ」に、登場人物:ユリウス・ラインホルトのテーマ・ソングとして楽曲“Future"を提供。同曲が収録された「ケンガンアシュラ」のサウンドトラック・アルバム「The Anthems」が、2020年2月ポニーキャニオンよりリリースされる。
引き続き作曲にTatsu Mikamiを、英作詞にSaeko Kitamae(SAEKO)を迎え、2020年2月よりデビュー・アルバムのレコーディングに入り、同年6月26日(金)にBlack-listed Recordsより1stアルバム『BLACK RAIN』をリリースする。80年代のトラッドかつスタンダートなヘヴィ・メタル・サウンドをモチーフにした、新たな王道サウンドが信条。

Trailer

【メンバー】
Yama (Vo.)
448 (G.)
Tact (G.)
Yuki(B.)
Jun (Ds.)

Guest Guitarists:
M-2: Shoji Yasuno/BLASDEAD
M-3 & 8: Hiroaki Kato/EARLY CROSS
M-4: Takeshi Furuta
M-7: Ippei Malmsteen/eleanor

Guest Keyboardists:
All the songs except M-5 by Takuo Kobayashi/SEVENTH SON
M-6: Hiroaki Kato/EARLY CROSS

【収録曲】
1. Silence (instrumental)
2. Inferno
3. Train of Fate
4. River
5. Prayer (instrumental)
6. Die for Life
7. Break the Spell
8. Brack Rain

【バンドによる収録楽曲解説】
1. Silence
静寂なギターのアルペジオから、闇を切り裂くツイン・リード・ギター、ボレロ調のリズムから壮大に展開するインスト曲。Tact(G)の泣きの哀愁と448(G)の内臓をえぐり出すかのようなテクニカルなギター・ソロの対比は、まさに聴きどころ!

2. Inferno
JUDAS PRIEST, IRON MAIDENの正統派ヘヴィ・メタルとしての伝統を受け継ぐハイトーンとツイン・リード・ギター、そして切れ味鋭いツーバス・ドラミングからなるファスト・ナンバー。徹頭徹尾ヘヴィ・メタル。爆撃機から放たれた爆弾により、我が愛する街は地獄の業火と化す。

3. Train of Fate
重厚なミディアム・テンポのヘヴィ・メタル然としたナンバー。サビはブルース・ディッキンソン(IRON MAIDEN)を思わせる、哀愁あるYama(Vo)のメロディーとハーモニー、さらに要所要所に表れる多彩なメロディーが飛び交う大作。若き息子を無くした友に捧げる曲です。

4. River
アップテンポな3連から8ビートへと、幾度となくリズムとテンポ・チェンジを繰り返し、小河から大河へ移り変わる様を表現しています。ツイン・ギターのハーモニーとキャッチーな歌メロが聴きどころ。Yama(Vo)のジェフ・テイト(QUEENSRYCHE)愛溢れるメロディーと、観客との大合唱が目に浮かびます。

5. Prayer
448(G)の懐の深さが感じられるギター・ハーモニーを壮大に重ねたインスト曲。仏具である"りん"を使い、日本人の心や祈りを表現。現代においては、1日も早い新型コロナウイルスの終息を願う。M-8"Black Rain"へと繋がっていく曲。

6. Die for Life
アニメ「ケンガンアシュラ」に提供した"Future"をリアレンジし、歌詞を差し替え、リレコーディングしたアップテンポの曲。Tact(G)の甘いトーンと、それを切り裂くかのような448(G)のギター・ソロの対比は、SIRENT SCREEMのまさに真骨頂。信念を貫くためには死をも厭わないとの意の曲。

7. Break the Spell
人は迷い、過去の過ちを嘆き、天使と悪魔の囁きに惑される。その呪いから自分を解き放て、という曲。狂気的にうねるYuki(B)のベース・ラインとへヴィなリフ、そしていきなりキャッチーな歌メロへと七変化するドラマティックな展開の曲。最後のツインでのハモり・ギターは必聴。

8. Black Rain
アルバム・タイトル曲のパワー・バラード。地獄の業火に襲われた街、焼けただれた亡骸。その最愛の母の亡骸に横に呆然と立ち尽くす、盲目の少女。嘆き悲しむ彼女の頬に、黒い雨がつたう…悲しみの黒い雨音とギターのアルペジオから始まり、欲望渦巻く社会と狂気の旋律を歌いあげ、もの悲しいギターのアルペジオで終わる組曲…まさに魂が宿る、アルバムのタイトル曲。

【CD】【Black-Listed Records】【JapaneseArtists】【2020/06/26】

最近チェックした商品

Mobile