VELVET★CHERRY / Flash

型番 BLRC-00120
販売価格 2,381円(税込2,619円)
購入数

ベルベット★チェリー / フラッシュ

これぞハードR&R!これぞVELVET★CHERRY!!“ベルチェリ”の全てが詰まった渾身の3rdアルバム!ベルチェリらしい「王道のハードR&R」を主軸に、ノリの良いライヴでの定番曲や泣けるバラード等、懐が深く、ヴァリエーション豊かながらも一本筋の通った作品!絶対的な歌唱力とカリスマ性をもつAkaneのヴォーカルが、R&Rという枠に留まらないカラフルなヴァラエティーと求心力を伴なって貴兄を魅了します!

Trailer

各方面に数多くの弟子を抱える、絶対的な歌唱力とカリスマ性をもつVo: Akaneが、2010年にG☆.: Shinichi☆、B:サンダー、Ds: Mayo(現M.D.M.S、AZAZEL)の4人で企画バンドとして、VELVET★CHERRYを結成。初のライヴでは当日限定発売のシングル「紫の蝶」も即日完売の好評ぶり。
2012年にはシングル「Mad Flower」を制作。また2013年には1stアルバム「CRUSH ON!!」をリリース。これを機に本格的にバンド活動を始めるが、アルバム発売後にサンダーとMayoが脱退。これに伴い2014年に現B: Hayatoが正式加入、またサポート・ドラマーとして現THE LEXのTatsuyaを迎えて活動を再開、会場限定となるシングル「Stardust」を制作する。
2015年、2ndアルバム「Diverse」をリリース。VELVET★CHERRYらしいハードなR&Rで、ライヴ・バンドらしい勢いも込められた作品となった。以降は数名のサポート・ドラマーを迎えて活動しつつ、2017年には旧友である現ZIGGY/ マーティー・フリードマン/ Omega Dripp他のCHARGEEEEEE...をサポート・ドラマーとして迎え、ミニ・アルバム「Arise」をリリース。以前までのバンドのカラー:ハードR&Rのイメージを壊すこの作品は、賛否ありつつも新たなバンドの方向性を示すターニング・ポイントとなり、バンドは更に活動の幅を広げ、精力的なツアーを通して「ライヴ・バンド: VELVET★CHERRY」を全国に届けてきた。
そして2019年12月20日に待望の3rdアルバム「Flash」をリリースする。ベルチェリらしい「王道のハードR&R」を主軸に、ノリの良いライヴでの定番曲や泣けるバラード等、懐が深く、ヴァリエーション豊かながらも一本筋の通った作品に仕上がっている。

【メンバー】
Akane (Vo.)
☆Shinichi☆ (G.)
Hayato (B.)

【収録曲】
01. Way of life
02. Break!
03. Solitude
04. Green
05. refrain
06. 籠の鳥
07. 空白
08. Loser
09. Let's do it!!
10. オーロラ
11. 光

【バンドによる「Flash」収録曲解説】
1. Way of life
VELVET★CHERRYらしい、疾走感のあるツービートのポップでハードなナンバー。最近のライヴでも頻繁に演奏されており、VELVET★CHERRYの代名詞となる1曲。楽しくワクワクする感じを、音楽と共に歌詞にも入れた作品。少しルパン的な要素も(笑)。

2. Break!
BPM=235の高速シャッフル・ビート。タイトル通り、“Break!”。型にはまった理不尽な社会に反発する強さと共に、自分を出して前へ進め!という、前向きな表現が込められている。

3. Solitude
荒々しく始まるギター・リフは従来のVELVET★CHERRYのカラーだが、力強い反面、歌は優しく切ない。満たされない社会への虚しさに踠き苦しみながらも何かを求め続ける人間の、弱くも本当は強い意思を表わした作品。

4. Green
会場限定で発売されているシングル「Startdust」から、人気もあり、ライヴでも頻繁に演奏されていた曲をりレコーディングして収録。一面に広がる緑色の草原! 久しぶりの休日、遠くへ行って太陽、風、空を感じながら気持ち良く歌い上げる、明るく爽快な曲!

5. refrain
前作「Arise」以降、最初に制作された曲。ポップで爽やかな雰囲気は、新たなVELVET★CHERRYの顔となりそう。何処かに忘れてきてしまった思い出。きっと大切だったはずの場所で、また大切な人と巡り会えることを祈りながら、朝焼けを見上げ何かを誓う。優しくも少し切ない想いを乗せた作品。

6. 籠の鳥
最初のイントロで所謂R&Rな曲かと思わせつつ、すぐに雰囲気の変わる、少しアンニュイな曲。束縛に息詰まりながらも従う日々。逃れられない中、自分という意味を見直し出していけばいい!という反骨精神を歌にしたもの。

7. 空白
前作「Arise」の流れを汲んだ、今作いちのヘヴィなナンバー。VELVET★CHERRYでは初のダウン・チューニング。このバンドらしいキャッチーさは残しつつ、激しさや妖しさは前作以上に。この曲もまた今作での肝となる1曲。歌詞の内容は、「人間の心や身体にあるであろう、元となる空白。色々なものが入って生き続ける先には、何があるのか」? 内面にある叫びを詞に強く込めた作品。

8. Loser
80'sハード・ロックを彷彿させるギター・リフを押したナンバー。この曲もまた既にライヴでは披露されており、勢いのあるサビでの掛け合いは既に定番。自分のエゴを押し付ける人が周りにもきっと居るはず。そんな相手に対して怒る気よりも、哀れみをもった皮肉交じりな歌。

9. Let's do it!!
VELVET★CHERRYらしいパーティー・ロックなナンバー。何だかついてない日も、歌って踊って弾けよう!! 楽しさの溢れる、みんなとワイワイ盛り上がりたい曲。ライヴのラストに定番化するかも!

10. オーロラ
VELVET★CHERRY史上、一番のポップなナンバー。シンプルな構成により、メロディー・ラインが更に引き立たっており、歌詞はファンタジーで、星や虹、月や天使、キラキラした童心にも帰れる曲となっている。

11. 光
Vo: Akaneの真骨頂ともいえる、Akane自身の作詞/作曲による壮大なナンバー。四重奏をバックに歌い上げるこの曲は、Akaneの歌唱力を更に際立たせている。Akane自身が今伝えたい、心から出た歌詞をそのままに歌と曲に乗せて表現している。

【CD】【Black-Listed Records】【JapaneseArtists】【2019/12/20】

最近チェックした商品

Mobile