Wirbelwind / Vanishing Of Kingdom

型番 WBW-001
販売価格 1,000円(税込1,100円)
購入数

ヴィルベルヴィント / ヴァニシング・オブ・キングダム

戦慄の陣容、ここに集結。2018年6月、突如メタルシーンに出現したメロディック・バトルデスメタルバンド“Wirbelwind”。新たにtpo.の女性キーボーディストTAMAMI、DEATH HORNなどで活躍中のスピード狂ベーシストKEIを迎え、磐石の陣容が今ここに集結!
2017年3月結成、Ethereal Sin/RakshasaのGt.KIKKA率いるBattle Death Metal バンド“Wirbelwind (ヴィルベルヴィント)”。Wirbelwind初の音源作品が、2018年6月20日のデビューライブと同時に発売。崩れ行く王国の退廃と混沌を描いた表題曲「Vanishing Of Kingdom」、18世紀末に勃発した“バウンティ号の反乱”に材をとった「Rebellion」、キャッチーながら北欧の旋律が哀愁を誘う「Nordic Symphony」の計3曲/16分超を収録。Mix/MasteringはNINE SPIRITS SOUNDのTakashi Wada氏が担当。ロゴステッカー封入、CD-R。

Trailer

【収録曲】
1. VanishingOfKingdom
2. Rebellion
3. Nordic Symphony

【Biography】
Elegiac Black Metal バンド”Ethereal Sin”やJapanesque Metal バンド”Rakshasa”などで活躍するギタリストの橘花(KIKKA)によって、2017 年3 月26 日結成。
ヨーロピアンテイストなメロディックデスメタルを基調としてブラックメタル・ヴァイキングメタルなどの要素をミックスしたシンフォニックなサウンドに、時代・地域を超えた"戦い"をテーマにした歌詞が融合した"Battle Death Metal"を標榜する。
ヴォーカルにFinisaporia で活動中のKAZU、もう一本のギターに複数のコピーバンドで活動し一時期Ethereal Sin にも在籍していたYUKARI、キーボードにtpo.で活動中のTAMAMI、ドラムにはDEATH HORN や数々のバンドのサポートの他、自身が率いるCrest of Xillion でも活動中のNOZOMI を擁する。長らくライブのサポートベースにはEthereal Sin のSETH を起用していたが、2018 年12 月よりDEATH HORN のベーシストKEI が正式加入。正規メンバー6 人による磐石の態勢が整った。
6 月に行われたデビューライブと同日に、3 曲入りの1st EP『Vanishing Of Kingdom』をリリース。同作はWirbelwind 初の音源作品となり、ミックス/マスタリングはScreaming Symphony のTakashi Wada(NINE SPIRITS SOUND)が担当。
同作品はライブ会場での販売の他、ディスクユニオン・S.A.MUSIC 各店舗・Web 通販にて購入可能。また各ダウンロード/ストリーミング配信サービスにてデジタル販売中。2019 年夏には新アルバムをリリース予定。

【Member】
Vocal : KAZU
Wirbelwind 全曲の作詞を担当。KIKKA が作る楽曲の世界観を、深遠な歌詞と多彩な声質で繊細に表現している。バンド結成直後から7 月まで募集されていたヴォーカルオーディションに応募し、応募者多数の中音源審査・スタジオテストに合格し正式加入。KIKKA 曰く「最初に音源を聴いた瞬間、彼をヴォーカルにすると決めた」。Amorphis,Dimension Zero,In Flames,Soilwork 等を好み、カラオケでChildren Of Bodom の楽曲を歌ったのがきっかけでデスヴォイスを始める。趣味は読書と買い物。哲学書や文学を愛読する。2015 年より"Finisaporia"のヴォーカリストとしても活動中。

Guitar,Bass : KIKKA
Wirbelwind リーダー。16 歳からバンド活動を開始し、2015 年11 月Japanesque Metal バンド"Rakshasa"の結成に参加。国内ツアー・海外遠征など精力的に活動中。翌年4 月よりElegiac Black Metal バンド"Ethereal Sin"に正式加入。Jackson ギターを愛好し、全部使いもしないのに13 本も所有。2016 年より晴れてJackson guitars のサポートユーザーとなり、YOUNG GUITAR 誌のインタビューにも2 回登場。趣味は読書と神社仏閣巡り。最近椎名誠のエッセイにハマっている。Wirbelwind 全曲の作曲と世界観の構築を司り、1stEP ではベースの演奏も担当した。

Guitar : YUKARI
14 歳の頃からX のhide に憧れてギターを始め、16 歳でバンド活動を開始。埼玉・群馬での活動を経て、東京に拠点を移す。複数のコピーバンドで活動する他、短期間ながら”Ethereal Sin”にも在籍していたことがある。2017 年末にツインギター化を目指すWirbelwind と出会い正式加入。Children Of Bodom とSEX MACHINEGUNS を好み、福岡ソフトバンクホークスのファンでもある。好きな選手は柳田悠岐。女性ながらバンド内最長身。堅実なバッキングとKIKKA とのツインリードで楽曲に華を添える。

Keyboard : TAMAMI
3 歳からピアノをはじめ、19 歳の時にコピーバンドでキーボードを弾き始める。楽曲の背景を表現することをモットーとし、Dragon Force のVadim Pruzhanov やChildren of Bodom のJanne Wirman、聖飢魔II の怪人松崎様などの影響を受ける。2014 年よりMelodic Death Metal バンド”tpo.”に加入。Wirbelwind にはVo.KAZU の推薦で2018 年9 月より途中加入した。小物作りが趣味で、その技巧を生かしてバンドの新グッズを日々試作中。メンバーで唯一髪を染めている。

Bass : KEI
速い曲や、リフで刻み倒す曲を好むスピード狂ベーシスト。14 歳の頃にベースを始め、18 歳で上京すると共に活動を本格化。2016 年にDeath Metal バンド”DEATH HORN”に加入し、アンダーグラウンドシーンにて経験を積む。2017 年にはドラムのNOZOMI 率いる”Crest of Xillion”の結成に参加。2018 年12 月よりWirbelwind に正式加入予定。Decapitated,Hour Of Penance,Dimension Zero 等の音楽を好み、元Periphery のベーシストAdam”Nolly”Getgood の影響を受けている。見た目によらず、アニメを観ることが趣味らしい。

Drums : NOZOMI
Pops・Metal・Visual・アニメソング等のジャンルを渡り歩くドラマー。小学生時代にゲームセンターにあったドラムマニアに熱中し、高校生時代に本物のドラムに”転向”。機械のように正確な粒揃いと、耳を貫く大音量が特徴的。中でも手足のコンビネーションフレーズを得意とする。数々のバンドのサポートドラマーとして年間多数のステージに立つ他、ドラム講師・エンジニアとしても活動中。Death Metal バンド”DEATH HORN”の他、自身が率いる”Crest of Xillion”でも活動中。自他共に認める大甘党である。

Web サイト
Twitter
Facebook

【LIVE SCHEDULE】
◎2019年4月13日(土) 新宿WildSide Tokyo
『WildSideTokyo 10th Anniversary
METAL ON METAL CARNIVAL 2019
〜DESECRAVITY ANATHEMA RELEASE SHOW〜』
open/12:30 start/13:00
ADV/3,000 DOOR/3,500

【CD-R】【Self-Released】【JapaneseArtists】【Death/Black】【2018/06/20】

最近チェックした商品

Mobile