THE UNCROWNED / TEARS

型番 BLRC-00100
販売価格 1,429円(税込1,543円)
購入数

ジ・アンクラウンド / ティアーズ

哀愁美と力強さを兼ね備えた珠玉のメロディー…圧倒的美旋律、再び。1stアルバムが大きな話題となったTHE UNCROWNED、待望のニュー・シングル!
2015年10月をもって無期限活動休止を発表したメロディック・ロック・バンド:ACTROIDの中心人物だったTakeshi(G)が、リリースされるはずだったACTROIDの2ndアルバム用に書いた楽曲を、実弟であるNaoki(B)と共に形にする為のプロジェクトとして始動、その後それまでヴォーカリストとしての経験がなかったものの、偶然彼女の歌声を耳にしたTakeshiがその歌声に惚れ込んで加入を打診、ヴォーカリストとしての参加を決めた驚異的なポテンシャルの新人:SHAL(Vo)が加わり、2016年初頭にはバンドとして結成され、THE UNCROWNEDと命名された…直訳すると「無冠の」という意味だが、例え名声が得られずとも、自分達にしか作り得ないクオリティーの高い音楽を作っていきたい、という想いが込められている。
結局SHALの唯一無二の歌声を活かす為、ACTROIDの2ndアルバムの為に完成していた楽曲を全て捨て、新たな曲作りが開始される。それら9曲が収録されたTHE UNCROWNEDのデビュー・アルバム「REVIVE」は、2016年12月16日にBlack-listed Recordsからリリースされ、メディアやファンからも大きな反響と賛辞をもって受け入れられ、2017年に入ってからの東名阪ツアーも大成功に終わったが、5月末の名古屋公演を最後に、BのNaokiが個人的な事情で脱退する。6月に入ると、バンドは次回リリースに向けての曲作りを開始、ニュー・シングル「TERAS」は、Black-listed Recordsより、2017年10月27日にリリースされる。
本シングルの収録曲は作品タイトルにもなっている「涙」が共通のテーマになっており、作詞を担当するSHALは「涙というものはとても美しいものだと思っています。喜怒哀楽…流れる涙は全ての感情を表せます。泣き虫と言われたって良いんです…だって感情なんだもの。言葉以上のものが、そこにはあります…そんな大切なものをこの作品に詰め込みました」と語る(ちなみに2ndアルバムの曲作りも同時に進行していたが、今回収録の3曲は2018年以降にリリースされる2ndアルバムには収録されない)。
Takeshiによるテクニカルなギター・プレイ、SHALのエモーショナルで力強い歌声…前作アルバム同様…いや、それ以上に「哀愁美」と「力強さ」に拘り抜いた新曲が収録されたその作品は、1stアルバム「REVIVE」でバンドのファンになったメロディックHR/HMラヴァーのみならず、メロディーを愛する全ロック・ファン必聴の作品に仕上がっている。

【収録曲】
1. TEARS 〜42589〜
2. LOST TEARS
3. OATH OF TEARS
4. TEARS 〜42589〜(Instrumental Mix)

【メンバーによる収録曲解説】
1. TEARS 〜42589〜
(SHAL) この曲は私の祖父の戦争体験談を元に歌詞を書きました。「42589」…祖父の命の番号です。戦後72年、この悲劇が二度と繰り返されることがないよう祈りを込めて、この曲に命を吹き込みました。
(Takeshi) ネオ=クラシカルなアレンジの上に、力強さと儚さを共存させたようなメロディーを乗せた疾走曲。メロディーの雰囲気を殺さないよう、曲構成は敢えてシンプルにしています。昨年リリースした1stアルバム収録の疾走曲では、ガツンと来るような力強さに重きを置いていましたが、今回はそれとは少し趣の異なるものを提示できたんじゃないかと思います。

2. LOST TEARS
(SHAL) この曲を初めて聴いた時に、とても懐かしく感じ、そして切ない恋愛の曲だなと思いました。90年代のトレンディー・ドラマをよく観ていたので、歌詞はとてもスムーズに書けました。少しアダルトな雰囲気で歌えたと思っています。
(Takeshi) 懐かしさと切なさが入り混じったような哀愁のメロディーを持った楽曲。個人的にはこの手の哀愁曲とSHALの歌声の相性はかなり良いんじゃないかと思っています。サウンド的には北欧のメロディック・ハード・ロックとメロディック・パワー・メタルの中間辺りを狙っていて、派手なアレンジ抜きで最後までの流れをどれだけ感動的に聴かせられるかという部分に拘りました。

3. OATH OF TEARS
(SHAL) この曲は本当に力強い曲だなと思いました。サビのメロディーが希望に満ちているように感じます。どんな困難があっても、最後は自分の手で未来を切り開く! そんな誓いの曲です。
(Takeshi) Jロック、HR/HM、プログレ・ハード等の要素を取り入れた楽曲で、アレンジも本作の中では一番遊び心が感じられるものに仕上がってるんじゃないかと思います。Aメロ/Bメロ/サビ…それぞれの持つ世界観が異なっているので、それらを1つにまとめ上げるのに苦労しました。色んな要素が入っていますが、サビだけ聴いたらこの曲がいちばんメタリックかもしれないですね。

Lyrics by SHAL
Music & Arrangemnet by Takeshi
Produced by THE UNCROWNED
Recorded by Takeshi at Kubase Studio & The Six Studio
Mixed & Mastered by Takahiro Hashimoto (GALAXY BLAST MASTERING)

Artwork by Mikka (ma'am)
Photography by STUDIO SUNSEED

THE UNCROWNED:
SHAL – Vocal
Takeshi – Guitar, Bass & Keyboard

Official Trailer
LOST TEARS (Official Music Video)
official website

【CD】【Black-Listed Records】【JapaneseArtists】【2017/10/27】

最近チェックした商品

Mobile